肉の調理法はいろいろとある

肉にはいろいろな種類のものがあります。種類によって部位もたくさんありますし、料理をするときにはしっかりとレシピにあった種類を選んで調理することが大切です。スーパーなどで購入する人も多いですが、業務用の羊とオススメの通販サイトを利用するときは専門店や大型スーパーなどを利用するといいです。スーパーで購入することができない種類や部位のものがあり、料理をするときに購入したい珍しいものなども用意することができます。
参考記事:【仕入担当豆知識】輸入牛の飼育方法と味わいを分析

肉の調理法はいろいろなものがあります。焼く、煮るなどさまざまな方法で調理をするレシピがあるので、自分が挑戦してみたいものを選んで調理してみるといいです。
例えば、粒マスタード炒めのクレソン和えはシンプルな味付けと調理法ですがおいしくてご飯と一緒に食べると体が温まります。
材料は2人分で、牛こま切れ200グラム、下味用に塩コショウ適量、酒小さじ1くらい、片栗粉小さじ1くらい、クレソン1束、合わせ調味料として粒マスタード、醤油、みりんを各大さじ1を用意します。
はじめに、牛のこま切れは下味用のもので味付けしておきます。クレソンは四等分くらいに切り、調味料をあわせます。フライパンに油を熱し、こま切れを炒めます。火が通ったら、調味料を入れて味付け、火を止めます。火をとめてからクレソンを入れ、和えたら出来上がりです。

簡単だけどコクのあるビーフストロガノフを作ることができます。
材料は2人分で、牛のヒレまたはもも肉200グラム、玉ねぎの薄切りを1個、缶詰のドミグラスソース180ミリリットル、生クリーム120ミリリットル、白ワイン大さじ3、ワインビネガー大さじ1、無塩バター大さじ2、塩小さじ1、こしょう小さじ1を用意しましょう。
はじめに玉ねぎを薄切りします。牛肉を食べやすい厚さに切って塩こしょうを小さじ1程度かけます。フライパンに無塩バター大さじ1を加え、薄切りにした玉ねぎも加えて強火にします。少し強火で炒め、しんなりしたら弱火にしてフライパンに広げます。ワインビネガーを大さじ1加えて木べらでじっくりと混ぜていきます。生クリームを大さじ2を加えて混ぜ、塩をひとつまみ加えます。そこにこしょうも加えてよく混ぜ、中火で15秒ほど煮て火を消してそのまま放置します。
ドミグラスソースをカップに180ミリリットルほどよそっておき、別のフライパンに無塩バター大さじ1を加え、強火にして温まったら牛肉を投入します。軽く煮るので表面が色づく程度に軽く焼き、色づいたらよけておきます。フライパンに白ワイン大さじ3を加えて30秒ほど弱火で煮ます。生クリームを120ミリリットル加え、塩をひとつまみ加え、そこにドミグラスソースをカップ1加え、よく混ぜて中火で小さく煮立つまで温めます。ソースが煮立ったら牛肉を加え、皿に1炒めておいた玉ねぎを敷いて、ソースと肉をかけて出来上がりです。