肉は血抜きをしっかりとしておく

肉には種類がたくさんあります。種類によって部位もたくさんあるので、料理をするときにはしっかりとレシピに合ったものを選んで調理することが大切です。
普段スーパーで購入している人も珍しい種類、なかなか見つけることができない部位などを購入するときには専門店や大型スーパーを利用することがあります。専門店や大型スーパーではプロのアドバイスを直接もらうことができるのがいいです。牛肉のタンを卸売に出す時に抑えておきたいポイントは専門店などを利用することです。専門店ではスーパーなどにはない種類のものや部位も購入できるのがいいです。ネット通販を行っているお店もあるので便利です。

肉を美味しくするときには血抜きをしっかりとしておくことが大切です。
特に牛肉は購入したとき、豚や鶏に比べて出ている血の量が多い場合があります。何もせずにそのまま調理してしまうと雑味が出てしまう場合があり、さらに味が染み込みにくくなってしまうのできちんと血抜きをしておくようにしましょう。たとえば、薄切りの場合はキッチンペーパーで表面を軽く拭き取るだけで十分です。この一手間をするかしないかで味が違ってきます。また塊の場合はたっぷりの水に1時間ほど浸けておくだけでいいので簡単です。できれば途中で1、2回ほど水を換えるというのが理想です。水に浸けておくと白っぽくなってしまうことがありますが、それは浸透圧の関係なので旨味は逃げないのでそのままにしておきましょう。
このように血抜きをしたものを使うことで美味しい料理を作ることができるので、いろいろなレシピに挑戦してみるといいです。
あわせて読みたい記事:肉の格付けと銘柄産地を知ってお得にバラを仕入れよう

水菜とエノキの牛肉巻き、旨味たっぷりのタレは美味しいのでおすすめです。
材料は2人分で、牛もも肉のしゃぶしゃぶ用2枚、エノキ半袋、水菜3把くらい、水溶き片栗粉は適量、合わせ調味料を使ったタレは、水100ミリリットル、酒大さじ1、塩小さじ2分の1、しょうゆ小さじ1、みりん大さじ1、本だし小さじ1、オイスターソース小さじ1を用意します。
はじめに鍋に合わせ調味料を入れて、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけておきます。水溶き片栗粉は沸騰している時に少しずつ入れるようにしましょう。一度に入れてしまうと濁ってしまいます。水菜、エノキはあらかじめ茹でておき、牛肉は沸騰した鍋にしゃぶしゃぶの要領で軽く火を通します。それを巻いて切ったらタレをたっぷりかけて出来上がりです。