近くて遠い牛スジ肉の感覚

まずはこちら「【仕入担当豆知識】豚肉を食べる民族と食べない民族
関東と関西の味覚や嗜好の違いは、食のさまざまなシーンで取り沙汰されますが、牛スジ肉への感覚の違いも顕著なものがあります。まず、おでんの具に牛スジを入れるか入れないかで議論になることが多いですが、関西の人の場合、大好きな具材の一つであり、牛スジが入っていなければ美味しいダシ汁のおでんにならないと考える人がほとんどです。関東では、好き嫌いを取り沙汰する以前に、おでんの具としてメインのラインナップに含まれていない感があり、具として入っていたとしても「得体のしれないブヨブヨしたもの」と言った感じで、初見の人からは警戒心を持たれる部類になっています。しかも、関西で好まれるスジは焼き鳥のように串に刺さった状態で煮込まれ、関東のスジは、場合によっては白身魚のすり身とミックスされた練り物の形になっていることもあり、関西の人から見れば、もはや牛スジとは認められない様相を呈していると言えます。おでんという同じメニューであっても、近くて遠すぎるスジ感覚です。
おでんの場合は、たとえ関西ごのみの牛スジが入っていたとしても、苦手であれば食べなければ良いのですが、牛スジ肉を使ったカレーの場合、メインである肉が牛スジという段階で「おでんのブヨブヨ」とのみ認識している関東の人には信じがたいメニューということになります。この場合も、調理に使われる牛スジ肉の概念が既に違っており、確かに、関東の一般的な自宅近くのスーパーマーケットで入手できる範囲の牛スジで作った場合、野菜以外はブヨブヨ多めのカレーとなってしまいます。関西の人が関東で暮らすようになり、牛スジ肉のカレーを作ろうと思った場合、買い物の段階で途方に暮れてしまうのは、まさにそこで、関東では「カレーの肉」として使える牛スジが容易に入手できない状況となっています。
関東の人が、関西など西日本で牛スジカレーを賞味した場合、スジと言われなければ「小さめだけどトロッと柔らかくて美味しい肉」と思い、牛スジと聞いて驚くという展開になります。関東の人が抱く「おでんで見かけるブヨブヨ」とは、まったく違い、煮込まれて透明になったスジに、ちゃんと赤身の肉が付いているからです。関西では、一般的なスーパーマーケット等でも、おでん・煮込み・カレー用といったシールが貼られたパッケージに、赤身が多めの牛スジが普通に販売されています。この基本的な具材が入手できるかできないかでも、関東におけるスジの認知度が上がらないままとも考えられます。