お肉の「ツラミ」って知っていますか?

牛肉といえば、カルビ、ロースなど思い浮かべることが多いですが、それ以外にも隠れたおいしい部位があるんです。それは「ツラミ」です。ツラミとは、牛の頬の部位ことを言います。一頭の牛からわずかしか取れない希少な部位で、焼肉通の人にはとても人気の部位になります。ツラミは地域によって呼び方が変わり、こめかみ、ほほ、ほっぺといわれてることもあります。また、ツラミの中でも部位によって名前が変わり、頭部はカシラと呼ばれます。ほほとこめかみに近い方が上物とされています。
分類としてはホルモンにあたりますが、メインのお肉と同じような感覚で食べることができます。タンが好きな人には特におすすめです。あまり聞いたことがない部位だと思いますが、調べてみると意外とたくさんのお店で販売されています。今日のトンビは限定何皿?見つけたら即仕入れたい牛希少部位6選も参考になります。
牛はいつも、口をもぐもぐさせていますよね。そのために、ツラミは食感が強く、噛み応えがあり、味も濃厚でとても美味しいです。よく動かす筋肉なので赤身ばかりと思いがちですが、脂身も適度にあります。焼肉店で食べるなら、触感が強いため、薄切りにして食べるととてもおいしく食べることができます。焼き方も、しっかり焼くと肉が固くなってしまうので、さっと焼くのがコツです。くせがないので、塩でもタレでもどちらでもおいしく食べることができます。また、店にもよりますがツラ刺しといい、生でも提供しているところもあります。生で食べると、しっかりとした味わいの脂身が口の中でとけ、赤身もしっかりしているので本来の味を楽しむことができます。脂身もしつこくなく、いくらでも食べることができます。
また、焼くだけでなくゼラチン質も含まれているので煮込み料理でもおいしく食べることができます。韓国ではソロランタンという牛の頭、足、膝、膝裏の肉、胸肉、内臓などをじっくり時間をかけて煮込んだスープ料理に使われます。ソロランタンはあっさりした味なので、食べ過ぎた日や二日酔いの日には特におすすめです。ゼラチンがたくさん含まれているので、女性にも人気の料理です。赤ワイン煮にも適しているため、お店に行って食べるのもよいですが、料理好きな人は、購入して自分で料理するのにもおすすめです。
味がおいしい以外にも価格が安いこともおすすめのポイントです。同じように触感がにているタンと比較してもかなり安く提供されています。
いろいろな料理で安く・おいしく食べることができるツラミ、是非食べてみてください。