つくばの肉は絶品です

健康食品の代名詞と言われているお肉はここ最近消費ブームとなっています。日本各地の飲食店では様々な肉料理を展開し、多くの人が舌鼓を打っています。茨城県にあるつくば市もそうした傾向を持つ地域の1つです。つくば市では数多くある市の特産物の中でも特に優れた特産物には市が認証する制度が実施されています。この制度によって認証を受けている特産物は20数品目ありますが、中でも人気のあるのがロースハムやベーコンといった肉類です。とろけるような脂と旨味、そして無添加という上質さが人気の支えとなっています。ハムの塩分はそんなに高い?おすすめハム&今後注目のハム3選もためになりますね。
このようにつくばの食材と言えば肉と言うくらい、つくばと肉の関係は強固なものとなっていますが、つくばには実はもう1つの側面があります。つくばは数多くの研究機関が立地している日本でも有数の研究拠点地域です。このため研究活動が活発で、最先端の技術の発信を続けるなど様々な活動を行っています。こうした地域の特性を活かし、多くの畜産農家は積極的に研究者と手を結び、食に関する共同研究開発も行っています。先述の認証制度で選ばれた肉類もこうした活動を通じて生まれたものがほとんどです。その根底には畜産農家と研究者との長年にわたる固い信頼関係があることは言うまでもありません。そしてさらに進んでベンチャー企業を立ち上げて積極展開するところもあります。こうした動きは研究拠点地域ならではの魅力であり、地道な研究活動が人気の食材を支えていると言えます。
市内産の肉は市内の一般店舗で入手が可能ですが、インターネットによる販売も行っています。アイテムも豊富にありしかも価格も安価ということで人気があります。もちろん全国配送にも対応しており、誰でも利用することが出来ます。支払いも分割払いができるなど、使いやすいサービスには定評があります。またレストランや直売店を設けているところもあります。特にレストランはできたてが食べられることから大変な人気となっています。直売店では販売のほか、実際の工場内部の間近で見学できたり、手作り体験ができたりするなど、様々なイベントを実施しています。これらのイベントは随時に開催されており、しかも多くは予約無しで可能ですので、気軽に参加することができます。こうしたイベントを積極的に開催することで、多くの人に肉の良さを知ってもらうことができます。近年では観光バスツアーによる利用者も増えてきており、今やすっかり消費者の注目の的となっています。