中国語ができるとイノシシ肉の仕入れ

最近は、様々な食肉が普通のように市場に流通しています。うさぎや鳩やイノシシに鹿など、これらは最近ではジビエと呼ばれてフランス料理店で珍重されて、料理店のテーブルに提供されることが多くなっています。ただこういった通常どこでも売っている肉のようなどこにでもあって手に入りやすい食材と違って、どこで仕入れたら良いのかということは気になるところです。増加するイノシシを美味ジビエに!カロリーや食べ方も紹介も、参考になるでしょう。
実はこういった業務用のイノシシとオススメの通販サイトは中国から仕入れが可能なことが多いのです。中国では様々な種類の食肉を扱っています。したがって中国語が堪能だと仕入れにも苦労しないでしょう。日本には数多くの外国人労働者が働きに来ています。いっそのこと、そういった中国人の労働者ならば本国の中国語には不自由しないわけですから、仕入れを担当させても良いでしょう。

中国の国土は広大で、どこの地方では何が名産で、何が美味かということはなかなか日本人にはわかりにくいものです。こういった卸売業者の中には日本人であっても長年の勘でどうやって仕入れたら美味しい獣肉が手に入るのかということを知っている人もいるでしょう。色々な社会資源に頼って美味しい肉を仕入れることは、その卸売業者が多角的に多様な注文に応えられるという信頼に繋がります。だからこそ中国語ができるスタッフは大切にしたいものです。一昔前と違って、アジアの食肉の衛生状況は格段に良くなっていて、安心して購入できるレベルは十分に保たれています。国産のイノシシも多く売られていて、通常の通販サイトで購入は可能です。しかし、国内産はどうしても値段が高くなりがちです。
通常の通販サイトは普通にイノシシが食べられる飲食店にとってはハードルが高いものとなってしまうでしょう。イノシシは冷凍で産地から輸送されて来ます。それは国内産でも中国産でも同じです。また、豚と同じで決して生食には向きません。そういった意味では国内産、中国産の違いはあっても味の違いは食べる客層にはわかりにくく、どちらも同じイノシシとして楽しめます。

さて、輸入されたイノシシ肉がどうして美味しいのかというと、日本では豚と掛け合わせて飼育して食肉になるイノブタを開発しました。ところが中国では、野山を駆け回って、野生の木の実を食べている自然のイノシシが市場に出回っているのです。そういった意味ではコストパフォーマンスが良くて、味も決して悪くないイノシシを中国から輸入することは賢い選択です。